通関士の就職について、ありのままの事情を書いておきましょう

通関士の就職は、不況で企業の雇用が鈍っている現在においてはどうなっているでしょうか。

通関士の就職は、あまり普通に暮らしていると目につきませんし、探すのも楽ではありませんが、 通関士は貿易がある限り必須の職種ですし、貿易はどんな不況でも国にとって必須ですから、 恵まれているほうだといってもよいでしょう。しかも通関事業に乗り出してくる企業はまだ出てきます。

通関士の就職のあては、商社や貿易会社だけではありません。
運送会社、倉庫の運用会社、港湾会社、旅行業者、そして航空代理店まで多数の業界に見受けられます。
これらの企業はみな通関事業を他の事業と一緒に兼業しています。
これらの企業に通関士の資格を見せて就職が決まっても、通関士以外の部署に回されることがありますが 通関士の知識が活かされる仕事で就職ができることはほぼ間違いないでしょう。

そして、実は通関事業を行っていない企業にも、通関士の資格で就職をできる可能性があります。
通関事業者と取引をしている会社に入ると、通関事業者との窓口となるような部署で働けることがあるからです。
このパターンの場合本当に就職のチャンスは広いですね。
海外取引の多い商社やメーカーは当然ですが、保険会社や銀行のような金融機関、さらに百貨店等の流通業者、 そして貿易コンサルタントに至るまで、通関士資格による就職のチャンスが発生します。

なお、新卒採用でも中途採用でも、あくまでも通関士として働くことを目指す場合は おそらく特定の貨物を(その入った通関事業者の中で)取り扱うことになるでしょう。
最近は特にそうなのですが、オールラウンドにありとあらゆる貨物の輸出入にかかわっている通関事業者よりも 特定の貨物の輸出入にメインでかかわっている通関事業者のほうがずっと多いからです。
つまり、通関士として働いていると、特定の貨物の通関業務の専門家になるような結果になります。

このことは、のちのちどこかに転職したいと思ったときに影響があります。
資格のほかに実務経験が多い通関士を雇いたいのはどこの通関事業者も同じですが、 どんな貨物を扱ってきたのかは大きな参考材料になるからです。
そのことも含めて通関士としての就職活動を行うようにしたほうがよいでしょう。