通関士の独学の、具体的な勉強時間を書いておきます

通関士を独学で受けたい人たちは、「勉強時間をどれくらいかければいいのだろう?」という 疑問があるのではないでしょうか。

ところで、通関士の独学以外の勉強方法ではどうなっているでしょうか? 
通関士の試験は年に1回しかありません。
そのこともあって、各種学校や通信講座を開いているところでは、6ヵ月を単位としてスケジュールを 組んでいることが多いそうです。
ビジネス系の専門学校では。1年以上かけて指導をする例まであるくらいです。

これからわかってくることはどんなことでしょうか? 
(自分ひとりでやるのですから)独学ともなると、通関士試験までの勉強時間は 6ヵ月より長くとったほうが無難です。6ヵ月を下回る勉強時間で「通関士に独学で受かった!」
という人の体験談がWeb上に流れているとしても、それは誰でもまねできるわけではありません。
通関士の試験を受けると決めた時点で、通関士試験本番までに独学での勉強時間が 6ヵ月未満しかとれそうになかったら、
・翌年の試験を目標に独学をする
・独学を断念して他の手段で試験に備える
……のいずれかにしたほうが確実です。

もちろん初学者でなければ事情は変わります。1度試験に「惜しいところで落ちてしまった」ような経験でもあれば 独学で再受験することも有意義でしょう (ただしこの場合、次の通関士試験までに独学にかける勉強時間は、総計でかなりの長さになりますね)。

または、どこかの職場で通関事業にかかわったことがあれば独学でもチャンスがおおいにありますし、 独学での勉強時間が6ヵ月未満で通関士試験に臨んでもなんとかなる可能性も感じられます。
もっともそんなケースでも、ときどき通学や通信講座のよい点を取り入れて 弱点をうまく克服するような方法をとることがベストです。

通関士の試験は毎年10月に開催されていますが、その1~2ヶ月くらい前に突入したら 模擬試験や公開セミナーが開催されます。もちろんこれらは受けるほうがよいのですが、 この時期までに、腕試しをじゅうぶんに受けられるレベルに仕上げておく必要があります。
試験の性質上、本番の日が近付いてきてから、一夜漬けであわてて覚えこむことができるような代物ではありません。
最近は、合格率も低めですし、独学で受かろうとするには相当の計画性が必要であり、 独学での勉強時間も、通関士試験までに長めにとったほうがよいと知ってほしいですね。