通関士とは需要がここまで高いお仕事です

通関士とは、ところでどんな仕事なのでしょうか?

あまり街中で見かける職業でもありませんから、通関士とはどんな資格でどんな仕事を担当しているのか ここでおさらいしておきましょう。

通関士とは、貿易の場で行われる手続きに携わるための資格です。
輸入にしても輸出にしても、貨物は必ず税関をくぐらなくてはいけません。
そのときに必ず発生する一連の手続きを通関手続き業務と呼びますが、 通関士とは、それを(貿易を行おうとする人たちに代わって)やってあげるお仕事なのです。

通関手続きには通関業法といった専門の法律がありますし、そのほかにたとえば関税法等の知識も必要です。
通関士とは国の収入を大きく左右する貿易を正常に行うという、重大な任務を担っている職業です。

通関業務も大きく分けると「通関手続き」「不服申し立て」「税関に対する主張・陳述」「通関書類の作成」と 4つの業務になるのですが、特に通関書類の作成については、通関士の役割は大きいです。
輸出入申告書の最終審査をしてから記名押印をしてOKを出せるのは通関士だけだからです。

通関士とは、実は通関士の国家試験を受ければなれるというわけではありません。
通関業務をやっている事業者(通関業者)に所属して、それから税関長の認可を受けないと 業務を行うことができません。通関士はどこかの通関業者に入社して仕事をすることになります。

貿易というと、特定の貿易会社や国際的な商社ばかりがやっているというイメージが昔はあったでしょう。
しかし少し前から、規制緩和が社会全体で進行した結果、通関事業に乗り出してくる企業が増えました。
普通の企業が海外と直接取引をすることが当たり前になった結果、 どこの企業も自ら通関事業に手を染めることが一般的になりました。
しかし、企業が通関業者になろうと思ったら、営業所の中に必ず通関士を配置させないといけません。
通関士とは、少し前からどんどん活躍の場所が増加している職業なのです。

そして、日本に輸出される貨物、その逆に日本から輸入される貨物のいずれも 複雑化しています。絶えず最新の通関業に精通している優秀な通関士が強く求められているということです。